薬剤師給料で安いのはいくらから?

薬剤師給料で安いのはいくらから?

一般的に給料が高いと言われている薬剤師のお仕事ですが、薬剤師の給料で一番安いのは、いくらなのでしょうか?一番安い給料でも、他の職業の年収と比べて高くなっているのでしょうか?それでは、薬剤師の給料で最も年収が安いものはどのくらいの年収となるのかを見ていきたいと思います。

基本的に、薬剤師の平均的な年収は500万円といわれています。しかしながら、これはあくまで平均的な数字ですので、もちろん薬剤師として働く職場の場所によってはこれよりも高かったり、または安かったりということも十分あり得るのです。では、薬剤師の年収で最も安いとされているのは、一体いくらなのでしょうか?

実は、以外と思われてしまうかもしれませんが、薬剤師の給料で最も安いとされているのは病院薬剤師と調剤薬局薬剤師の年収なのです。この二つの場合ですと、年収が350万円から600万円となってしまっています。そのため、この際の350万円が、薬剤師におけるもっとも安い給料となるのですが、この350万円とは初年度の年収になります。薬剤師は初年度の年収の平均が大体350万円から400万円となっており、初年度を抜かして考えると、病院薬剤師・調剤薬局薬剤師の年収は大体400万円から600万円となっています。

また、反対の場合も見てみましょう。反対の場合とは薬剤師全体の平均年収よりも年収が高いパターンです。この場合、500万円以上の年収を得ることができるのはドラッグストアの店長クラスの薬剤師と製薬会社の薬剤師です。前者の場合、年収はだいたい700万円程度になりますし、後者の場合ですと、なんと800万円を超えるケースもあるそうです。

このように、薬剤師の給料は実に幅広くなっていると言えるでしょう。しかし、薬剤師の場合、一般的な会社と違って企業の規模の大きさに比例して年収が高くなる…というわけではなく、いかに企業の規模が小さかったとしても年収が高くなっているのです。そのため、ドラッグストア勤務でも年収が高かったりする人がいるというわけなのですね。

以上から、薬剤師の最も安い給料を年収で考えると、初年度の年収で大体350万円となるでしょう。しかしながら、次年度からだんだんと昇給もされますし、自分の頑張り次第では店長クラスになり得る機会だってあります。そのため、薬剤師で安定した高収入を得ていきたいと考えている方は、なるべく早く勤務を開始することがおススメですよ。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.