東京の薬剤師給料

東京の薬剤師給料

東京ではやはり薬剤師を欲しがる場所が多いだけに求人情報はたくさんあります。しかしながら、その分薬剤師もたくさんいますので、給料の相場を見ていくと東京の薬剤師の給料はかなり低いと言えるでしょう。

その理由はやはり薬剤師の飽和です。地方から東京に勤めたい!と上京してくる人はたくさんいます。もちろん、薬剤師が勤められる場所は病院、調剤薬局、ドラッグストアなど様々にありますが、どこも限界があります。病院の数や調剤薬局の数はほぼ横ばいでこれ以上増えることはあまり見込めませんし、ドラッグストアの市場規模が拡大しているとはいえ、1つの店舗にいられる薬剤師の数はもちろん決まっていますから、そこまでカバーはできません。

もしも、給料の高さを基準に職場を選びたいのであれば、東京の中でも都心部ではなく郊外を選ぶとよいでしょう。郊外になれば交通手段も限られ、職場に通うのも一苦労、ということにもなりかねませんが、その分、1人に対して支払われる賃金はやはり都心部に比べて高くなります。みんな、都心部である新宿や池袋、渋谷といった場所に勤めたがる傾向がありますから、逆に郊外は薬剤師が不足しがちなのです。

薬剤師の給料は、東京に限らず「どのくらいその地域に薬剤師が不足しているか」で決まる部分が非常に大きいのです。飽和状態にある場所は1人に対する給料が少なくなり、逆に足りない場所では多くなる。普通に考えたらそうなります。ただし、働きにくくはなります。勤務場所自体が少ない傾向もあり勤務先は限定されますし、郊外では長く務めている方も多くいますから、もう間に合ってる、なんてこともよくあります。さらに交通手段が都心部に比べて少なくなりますから、駅からかなり離れている場所だったり、自家用車がないと厳しい場所だったり、なんてことはざらにあります。

逆に働きやすさ重視で選ぶのなら、やはり都心部を選ぶべきでしょう。交通網は発達していますから、多少駅から離れていてもバスも1時間に何本も走っていますから勤務先に行くことには苦労しません。ただしデメリットもあります。先に挙げた給料の低さもそうですが、都心部では地価や物価も高いのです。都心部に住んですぐ近くの勤務先に、というのは正直難しいでしょう。都心部に勤める場合には、少々郊外に住んで、都心部に出勤する、という方法が最良と言えるでしょう。

どちらにしろ、東京で薬剤師として勤務する場合には給料を優先するか働きやすさを重視するかによって事情は大きく変わりますので、そこは自分の都合とよく相談の上、決めることをオススメします。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.