都会の薬剤師給料相場

都会の薬剤師給料相場

薬剤師の給料ですが、薬剤師の需要に対してどの程度供給が進んでいるかによって決まります。このため、都会だからとか地方だからとかといった形で給料が決まりません。都会の薬剤師の給料を見てみると、東京が507万円、大阪が492万円、名古屋が539万円となっています。これだけを見ると決して薬剤師の給料相場として悪くないかもしれません。しかし例えば都道府県別で見た場合、最も薬剤師の給料相場の高いのは、山口県です。山口県は都会とは言えないかもしれませんが、薬剤師の平均年収は691万円とあと少しで700万円の大台に乗ろうかという給料レベルです。次いで高い平均年収なのが、秋田県です。秋田県でも平均年収が634万円あります。都会の主要地域の平均年収と比較すると、秋田県でも100万円強、山口県に至っては200万円近くもの年収の相場に開きがあるわけです。

地方の場合、薬剤師の絶対数が少ないです。しかし医療サービスは人が住んでいる限り絶対に必要です。そのような関係で、どうしても需要過多の状態になり、薬剤師から見れば売り市場になるわけです。東京や大阪、名古屋のような都会の場合調剤薬局や薬剤師、製薬会社など求人が多数出ます。ところが活動している薬剤師の数も、地方と比較するとかなり多いです。そのような関係もあって、需給のバランスが整っている、地域によっては供給過多の状態になるため、薬剤師の給料がなかなか上がりません。

給料相場を見るだけだと、田舎の方が都会と比較すると魅力的かもしれません。しかし田舎は薬剤師が慢性的に人材不足の状況に陥っていると紹介しました。このため、一人一人にかかる業務の負担が大変重たくなります。中には一手に薬局に持ち込まれるすべての調剤を任されることもあります。また週休1日しか確保できないというケースもあるようです。さらに辞めたいけれども薬剤師が自分一人しかいない場合、替えの人材が見つかるまで辞めるにやめられないという事例も見られます。

都会の場合、給料は地方と比較すると悪いかもしれません。しかし例えば福利厚生がしっかり整っているとか、薬剤師のスタッフが複数いるため、シフトなどにも多少の融通が利くというケースも多いです。また正社員だけでなく、パートやアルバイトなど毎日出てこなくても良いとか、午前・午後だけのシフトに対応しているような案件も見られます。給料の面では田舎が有利、しかしワークライフバランスまで比較するとむしろ都会の方が有利といったことも起こりえます。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.