薬剤師給料の初任給の相場

薬剤師給料の初任給の相場

薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得した新卒でもらえる初任給ですが、平均すると22万3000円前後と言われています。この給料ですが、近年増加傾向にあるといわれています。景気が停滞している現在の日本において珍しい状況ですが、これは薬剤師の需要が高まっていて、供給が間に合っていないことが背景にあります。薬剤師不足に悩まされている職場が多く、多少給料をあげてでもスタッフを確保したいという思いが見え隠れします。

薬剤師のニーズが高まっている背景には、ドラッグストアが薬剤を求めているからが挙げられます。ドラッグストアは日本全国にどんどん新店舗が展開されています。求人情報を見ても、薬剤師の募集でドラッグストアは地域に関係なくしばしば出ています。ドラッグストアに勤務した場合、初任給は25〜35万円といった条件で募集しているものが多いです。中には薬剤師の資格を持っていることで、基本給に薬剤師としての資格手当を上乗せするケースも見られます。

調剤薬局に勤務する薬剤師は、日本全体で見ても多いです。調剤薬局に勤務した場合の初任給ですが、22〜30万円といった条件で募集されていることが多いです。先に紹介したドラッグストアの薬剤師と比較すると初任給に関しては、相場が低めの傾向があります。ただし調剤薬局の案件を見てみると、福利厚生のしっかりしたところが多いです。その他にも残業が少なめのところが多いですから、トータルで見た場合調剤薬局の待遇も、決して引けを取らないと判断できます。

企業薬剤師と言って、製薬会社に就職するケースも多いです。企業薬剤師の初任給の相場を見てみると、22万円程度になります。年収に換算すると300万円そこそこですから、他の薬剤師と比較すると条件が悪いような感じがするでしょう。しかしほかの職場と比較すると、昇給率が良いです。きちんと仕事をして結果を出せば、後々高年収を獲得できる可能性があります。ちなみに生涯年収で比較すると、製薬会社が他を圧倒するデータも出ています。

病院で勤務する薬剤師ですが、初任給の幅がほかの職場と比較してかなりばらけます。一般的な傾向として、大学病院や国立病院のような大規模病院に就職すると初任給の条件は良くなります。しかしこれはすべてのケースに当てはまることではありません。たとえば地方の過疎化の進んでいるような地域だと、大学病院の薬剤師と言ってもほかの職場と比較して初任給が安くなるケースも少なくありません。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.