専門薬剤師の給料

専門薬剤師の給料

専門薬剤師とは、その名の通り薬剤師の中でもある専門分野に特化した薬剤師のことを指します。この専門薬剤師の中には実にたくさんの種類があり、感染制御専門薬剤師や精神科専門薬剤師、がん専門薬剤師、HIV感染専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師などが存在していると言われています。このように、実に様々な分野に特化して専門的なおしごとをするのが専門薬剤師なのですが、その給料に関してはどの程度のものなのでしょうか?ここでは、専門薬剤師の給料についてご紹介していきたいと思います。

それでは、まずは一般的な薬剤師の平均的な給料がどのくらいのものなのかをご紹介しましょう。例として、平成20年の平均的な薬剤師の給料を上げていきたいと思います。平成20年での一般薬剤師の平均年収は、だいたい504万円となっているそうです。では、次に専門薬剤師の給料についてみていきたいと思います。

まず、専門薬剤師とは薬剤師の職場の中でもどの分野に分けられるのでしょうか。薬剤師の職場として、大きく分けると次のようになります。調剤薬局、学校、ドラッグストア、製薬会社、病院です。この中で専門薬剤師は病院勤務に位置するので、その平均的な給料は病院薬剤師のそれと同じ程度となってくるでしょう。なぜなら、専門薬剤師を求人しているところは、今のところ病院だけで、その他のところの求人情報は残念ながらありません。ですから、病院薬剤師と同じくらいの給料が専門薬剤師の平均給料となり、だいたい400万円から650万円程度となるでしょう。

ちなみに、病院薬剤師として勤務すると、専門薬剤師になる為の資格を取得できる制度が整っているところでは、そうした資格を取得していくことができるようになっています。病院薬剤師から専門薬剤師になって給料が大幅に上がるということでは決してありませんが、それでもこうした資格を取得して普通の病院薬剤師から専門薬剤師になっていくというのは自分のキャリアアップにもつながりますね。そのため、資格の取得を目指して病院薬剤師から始めてみるのも悪くないのではないかと思います。

近年では、調剤薬局に専門薬剤師が必要なのではないか…という話も出てきているそうで、専門薬剤師は、今後活躍の場が広がっていくということが期待できる職業の一つでもあると言えるでしょう。そのため、今後を考えて今からでも専門薬剤師の資格を取得しておくのも、有効な手段といえるのではないでしょうか。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.