薬剤師給料の高い職場

薬剤師給料の高い職場

職場別で見た場合、薬剤師の資格を生かして最も高い給料が見込めるのは、製薬会社に勤務した場合です。だいたい職場全体でみると、700万円から800万円といったところが平均年収になるといいます。ただし製薬会社を見ると、外資系の会社が多いです。外資系は能力主義の徹底している企業が多く、成果をきちんと出せば高い給料で報いるけれども、結果が出ないと給料が上がらない、ヘタするとリストラの対象になることも考えられます。シビアな世界ではありますが、結果を出せば必ず評価してくれるのがある種魅力とも言えます。たとえばプロジェクトの責任者やマネージャーのような管理職に就いた場合、年収1000万円超えも決して夢ではありません。

次いで給料の高い傾向のある職場は、CRO系です。製薬会社の開発した新薬がきちんと効果があるのか、副作用の心配がないのか治験で検証します。この治験が滞りなくきちんと行われているか、監督する仕事です。製薬会社が行うこともありますが、治験の専門会社に丸投げするケースが多いです。CROの薬剤師の年収を見てみると、400万円から750万円といったところが相場です。かなり年収に開きが見られますが、製薬会社同様成果主義をとっている会社の多いことが影響しています。

調剤薬局と病院勤務の薬剤師に関しては、ほぼ年収の相場は一緒です。だいたい400万円から600万円といったところです。調剤薬局の場合、管理薬剤師と呼ばれる上のポジションに着くと給料もアップします。管理薬剤師に昇格した場合、年収は600〜700万円といったところが相場になるでしょう。病院薬剤師の場合、国立病院に勤務すると給料が上がる傾向もあります。国立病院勤務だと、公務員扱いになって、民間と比較すると各種手当もついて待遇が良くなるといわれているからです。

ドラッグストアの薬剤師は、給料の面から見ると最も安い傾向が見られます。年収は350〜450万円といったところが相場です。ただし皆さんの自宅の周りをイメージしてもらえばわかりやすいかもしれませんが、日本全国いたるところにドラッグストアがあります。このため、ドラッグストア業界では慢性的な薬剤師不足に陥っています。よって人材確保するために、給料も上がり気味と言われています。中には年収600万円を新卒に対して提示したドラッグストアもあったといいます。近所にドラッグストアがあれば、給料などの条件をチェックする価値は十分ありそうです。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.