製薬企業の薬剤師給料

製薬企業の薬剤師給料

製薬会社は、薬剤師の主な職場の一つで大変高い人気があります。その理由として、他の職場と比較して給料の相場が高めであることが挙げられます。製薬会社に新卒で勤務した場合、最初の内は年収400万円くらいになると見られます。この時点では調剤薬局やドラッグストア、病院の薬剤師と比較してもそこまで目立って給料が違うということではないようです。しかし製薬会社の場合、どんどん経験を重ねていくことで、給料のアップする傾向が見られます。

たとえば医薬の専門的な知識を生かして、自社医薬品の情報を提供するMRという仕事があるのですが、成果主義で給料を決めるシステムを採用している会社が多いです。営業で売り上げをきちんとあげられれば、年収800万円以上を稼ぐことも十分可能です。また製品開発に携わった製薬会社の薬剤師の場合、年収1000万円くらいに到達することもできます。このような年収は、他の職場で到達するのは少し難しいです。このため、年収アップを希望する薬剤師の間で高い人気があります。ただし上で紹介したように高収入が約束されているのは、あくまでもきちんと結果を出した場合のみです。結果が出せないと、思うように昇給できないケースも出てきます。このため、製薬会社の薬剤師の平均年収を見ると、550万円くらいになります。ピンキリが結構あることは頭に入れておきましょう。

ただし製薬会社の場合、給料以外の待遇面でもほかの職場と比較してかなり恵まれています。製薬会社の場合、大規模で経営基盤がそれなりにしっかりしているところが多いです。このため、福利厚生の充実している企業が多いのも強みです。保険や年金などはきちんとしていますから、病気などで体調を壊したとか、リタイアして年金生活になった場合でも心配をする必要はないです。

製薬会社の薬剤師の年収ですが、経験を積むとどんどんアップする傾向も見られます。30代で年収700〜750万円といったところが給料の相場です。それが40代になると850〜900万円が相場になります。さらに50代になると900〜950万円が相場になるようです。他の職場の薬剤師を見ると、40代で年収は一つのピークを迎えることが多いです。そして50代以降は徐々に年収の下がってしまうパターンが珍しくないです。しかし製薬会社の場合、先に紹介したように右肩上がりで給料が良くなっていく点も多くの薬剤師が魅力的に感じる理由の一つでしょう。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.