食品メーカーの薬剤師給料

食品メーカーの薬剤師給料

商品開発などのために、食品メーカーに勤務している薬剤師の人も中にはいます。食品メーカーで勤務した場合の薬剤師の給料の相場ですが、年収で400〜500万円といったところです。月給は、だいたい35〜40万円といった感じでしょう。だいたいこの給料の相場ですが、ドラッグストアや調剤薬局と比較すると、ほぼ一緒の水準と言えるでしょう。しかし高給が期待できる製薬会社と比較すると、給料は少ない感が否めません。

なぜ食品メーカーの薬剤師の給料が決して高くないかと言えば、人材不足ではないからです。他の職場を見てみると、けっこう慢性的な人材不足で困っているところも多いです。しかし食品メーカーの場合、会社のごく一部の部署で薬剤師を必要としています。つまりそれほどたくさんの薬剤師を必要としていないため、他の職場と比較すると需要が少ないわけです。このため他の職場のように、給料を吊り上げてでも人材を確保する必然性がなく、給料が低く設定されてしまいます。

食品メーカーに新卒で就職した場合の初任給ですが、平均すると20〜25万円くらいといいます。これはほかの薬剤師の職場と比較すると、かなり低いといいます。年収に換算すると、300万円届くかどうかといった感じでしょうか?ちなみに薬剤師として多くの人が就職するドラッグストアや調剤薬局の場合、初年度でも年収400万円近くにまで到達する場合も多いです。食品メーカーに薬剤師として就職した場合、文系の大学卒でサラリーマンとして就職した新卒とあまり給料のレベルは変わらないと思った方が良いでしょう。

ただし仕事を続けていれば、昇給する可能性はあります。製薬会社や医療機器メーカーほどではないものの、きちんと仕事を続けていれば、勤続年数とともに昇給は十分見込めます。どれほどの勤続年数、どこに就職したかによっても変わってきますが、中には年収1000万円近いレベルまで押し上げる薬剤師もいるのは事実です。最初のうちの給料の少なさに我慢して、コツコツ与えられた業務をこなせる根気強さがあれば、食品メーカーで成功する薬剤師も出てきます。

食品メーカーの場合、大企業であることも少なくありません。経営基盤のしっかりしたところで仕事ができるため、安定した生活が営めるでしょう。また給料以外でも、福利厚生のしっかりしているメーカーが多いのも魅力です。このため、生活面で心配することなく仕事に集中できるのも食品メーカーが安定した人気のある理由の一つです。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.