ドラッグストアの薬剤師給料

ドラッグストアの薬剤師給料

薬剤師の勤務先として、現在最も勢いがあるのがドラッグストアです。市場規模は年々上昇しており、まだまだ拡大の可能性はあります。その分、雇用条件も良い…ように思えるかもしれませんが、実はそうでもなかったりします。ドラッグストアに勤める薬剤師の平均年収は500万円弱で横ばいになっています。

そうは言っても、ドラッグストアに転職するのにメリットがないわけではありません。やはり市場規模の拡大を見ても、薬剤師が勤める先にドラッグストアは大きなウエイトを占めますし、拡大前に比べ、雇用する環境が整ってきていることはプラスと言えます。実際、薬剤師が転職を考えて求人媒体を見た場合、求人情報の中には多数のドラッグストア名が載っています。

病院や薬局などは、これから先、飛躍的にその数が増えるということは考えにくく、そうなるとどうしても採用人数に限りが出てきます。実際問題、病院、調剤薬局、製薬会社などは飽和状態になりつつあると言われています。

それとは逆に、ドラッグストアはまだまだ拡大していく余地が残されています。近年ではコンビニのように「何でも売っているお店」として広く知れ渡っていますし、コンビニに比べて安価に物を売っている場合も多いために、単純に医薬品などを買い求めるだけではなく、レトルト食品や菓子類といった食料品や洗剤などの日用品などを買いに訪れる客も確実に増えています。その結果としての市場拡大と言えるでしょう。

そしてドラッグストアの薬剤師に転職する場合最も重要なのはやはりどこのドラッグストアに勤めるかという所です。

売上高や知名度で選ぶのなら、マツモトキヨシが群を抜いて人気があります。そのほか、有名なドラッグストアにツルハ、ココカラファイン、CFSコーポレーション、クオール、カワチ薬品などがあります。もちろんこういった大手のドラッグストア以外にも全国には大小たくさんのドラッグストアがあります。最近では、家電量販店やスーパーのなかに独自に小さなドラッグストアを置いている場所もあります。大きなドラッグストアに比べたら多少給料面などに不安があるかもしれませんが、そういった場所もあるのだということを念頭に入れ、数があるからこそ慎重に自分が勤める場所を決める必要があるといえるでしょう。必ずしも「大きい会社だから」「有名な場所だから」という理由が自分の働きたい場所になるわけではないことだけ、覚えておきましょう。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.