CROの薬剤師給料

CROの薬剤師給料

薬剤師の中には、CROなどの治験の世界で勤務している人も多いです。CROとして仕事をした場合、大体給料の相場は年収500万円前後になります。この給料ですが、調剤薬局や病院の薬剤師と比較すると高めといえます。CROになるにあたって注意しないといけないのは、地域によって給料の扱いがかなり違ってくることもある点です。大都市であれば、高収入も十分期待できます。特に大企業に就職できれば、月給が40万円以上で年収は600万円を超えるような募集の出ていることも多いです。ところが地方の中小の治験専門企業に就職すると、年収250万円前後が相場といったケースも出てきます。もし地方在住の方で周辺の募集では満足できるような給料がもらえないというのであれば、都市部に引っ越すなども検討する必要が出てくるかもしれません。

CROの給料ですが、どの求人を見ても能力や経験によって考慮すると書かれているはずです。治験の世界でそれなりの勤続年数や経験を有していれば、良い年収の条件を提示されるかもしれません。しかし治験の世界に関して未経験だと、給料の条件も悪くなると思った方が良いでしょう。未経験者でCROを目指す場合、年収は350万円前後が相場と思った方が良いでしょう。もちろん、その後の経験の積み重ねで実績をアピールできれば、給料アップの可能性も十分期待できます。

CROは年齢別でも収入の相場に違いが見られます。あるところが調査したデータによると、20代の給料の相場は400万円台の後半になるといいます。それが30代になると500万円台の後半にアップします。40代に差し掛かってくると、年収650万円前後というところが収入の相場になるといいます。この収入ですが、他の職場で働く薬剤師の給料の相場と比較するとどの年代も50〜100万円程度高いといいます。CROはそもそもクライアントが製薬企業に絞られます。製薬企業の新薬開発のための予算は、数百億円規模になるといいます。このためCROに支払われる報酬も高くなる傾向が見られ、勤務する薬剤師もその恩恵を受けているわけです。

他の職場と比較して給料が良いのには裏もあります。CROはほかの職場と比較すると、拘束時間が長めだといいます。仕事の種類によっては激務になる恐れもあります。プライベートな時間を多少削って、給料アップが自分にとってメリットのあることか、慎重に判断する必要があります。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.