化粧品会社の薬剤師給料

化粧品会社の薬剤師給料

薬剤師の中には化粧品会社に勤務している人もいますが、給料の相場は年収で400〜700万円といったところだと思いましょう。少し相場に開きがあると感じるかもしれませんが、その人の薬剤師の経験・能力をベースにして個別に給料を設定するのがその理由の一つです。そしてもう一つ、化粧品会社でも任される仕事が大きく分けて2種類あることも給料の違いの原因です。化粧品会社で薬剤師が勤務する場合、品質管理と研究開発があります。

品質管理の場合、基本的に他の化粧品会社の社員と同じような給料になります。化粧品メーカーによっては、薬剤師の資格を持っていることから資格手当がつき何万円程度上乗せされることもあります。ちなみに品質管理で新卒の場合、月給は25万円程度が相場だと思っておきましょう。そしてボーナスなども含めて、年収は350〜400万円といったところが相場になります。品質管理は別に薬剤師の資格を持っていなくても、ノウハウさえ覚えれば誰でもできる仕事です。このため薬剤師だからと言って、高収入が期待できない部署といえます。その一方で無理のない範囲で仕事ができるため、家事や育児と両立させたいと思っている女性の薬剤師の間では人気です。

一方化粧品の商品開発に携わる研究開発職の場合、新卒の段階では品質管理と給料面ではあまり大きな差はありません。しかし研究開発の場合、成果主義をとっている化粧品会社が多いです。このため、しっかりと結果を出せれば、どんどん収入がアップします。20代後半とか30代といった比較的若い世代でも年収が500万円とか600万円も稼いでいる薬剤師もたびたび見かけます。さらに中にはプロジェクトリーダーのようなマネージメントを行うような地位に格上げされることもあります。プロジェクトリーダーとか薬剤部長のような管理ポストにまで出世することができれば、年収1000万円稼げるケースも出てきます。

化粧品会社を見てみると、外資系の企業もしばしば見られます。国内企業と比較すると、外資系企業の方が給料の条件は良くなる傾向が見られます。外資系の場合、年収が500〜700万円といったところが相場になります。そして重要ポストを任された場合には、年収1000万円を超えるケースも決して珍しくはありません。ただし外資系企業の場合、国内よりもより成果主義的色合いが濃くなります。このため、結果が出せないと定収入とかクビにされるシビアな世界であることも覚悟しなければなりません。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.