調剤薬局の薬剤師給料

調剤薬局の薬剤師給料

調剤薬局の給料に、実は基準はありません。その理由は、その調剤薬局の規模や立地などの理由によって給料が大きく変動するためです。調剤薬局は全国各地に多数あります。それこそ大きな薬局から小さな薬局まであるわけですから、給料にばらつきが出たとしてもそれは何ら不思議なことではありません。

そのため、調剤薬局の薬剤師に転職希望する場合には、自分が勤務する薬局を慎重に選ぶ必要があります。いくら給料が欲しいのかということ以外にも、立地は遠すぎないか、交通手段はあるのかなどなども念頭に入れておく必要があると言えるでしょう。

ちなみに主な調剤薬局の例を挙げると、日本調剤、阪神調剤薬局、あさひ調剤、望星薬局、たんぽぽ薬局、薬樹、総合メディカル、ファーマライズ、エトス、アイセイ薬局、クラフト、アインファーマシーズ、ファーコス、メディカル一光、クオール、メディカルファーマシィーといったところが挙げられます。

紹介したのは主要都市にある調剤薬局ですが、こういった薬局でさえも、平均年収は390〜590万円と、大きなバラつきが見られます。それにプラスして、地方都市の調剤薬局も加えれば、この給料の幅はますます広がることでしょう。地方都市ともなれば、よく利用されるような駅の近くにある調剤薬局と郊外にある調剤薬局とでは、かなり給料に差が出る可能性もあります。

ただし、調剤薬局は他の転職先と比べると比較的転職しやすいという特徴もあります。給料面だけでいくと他の職場に比べて見劣りしてしまうかもしれませんが、存在する数と転職のしやすさを考えるとそこまで引けはとりません。

それに病院勤務の看護師などに比べると力仕事も少ないですし、夜勤などもありませんから肉体を酷使するような仕事にはなりません。転職前に、適性が左右されることもなく、また女性にとってはメリットの多い職場と言えるのではないでしょうか。

1つだけ難があるとすれば、それは職場の狭さでしょう。そこそこ広い調剤薬局もありますが、それでも病院や製薬会社などから比べるとその狭さは一目瞭然です。職場が狭くなるということは人間関係もかなり範囲の狭いものになります。どちらかというと調剤薬局で勤める場合には「仕事に対する適性」よりも「職場との相性の適性」が試される場所になるかもしれません。転職する際には、そういった部分も調べていく必要がありそうです。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.