病院の薬剤師給料

病院の薬剤師給料

病院に勤める薬剤師の年収は平均で400〜650万円と言われています。

初年度の年収を比較してみると、どこに勤務先したとしてもほとんど差はありません。最初はみんなほぼ平行線でスタートするというのはわかりますよね。しかしながら、一定のキャリアを積むことで、徐々に給料に差が出てくる、というのが薬剤師の給料の特徴と言えるでしょう。病院に勤務する薬剤師ももちろん同じ条件です。ある程度キャリアを積めば給料は確実に上がります。

しかし、製薬会社やドラッグストアなどと比べると病院勤務の薬剤師の給料は、数字の幅が狭いという特徴があります。下から上までがあまり大差がないのです。またもう一つの特徴として、給料のピークを迎えるのも病院の薬剤師の方が早いという傾向があります。ピーク時の給料の金額は製薬会社などに比べれば低いので不満はあるかもしれませんが、ピーク時の金額が長く続くため、長い目で見れば、決して他の勤務先に引けはとりません。むしろ非常に安定している職場ですから、安心して働くことができるのではないでしょうか。

そう、この「安定」というのも病院に勤務する薬剤師にとっては非常に大きなメリットなのです。

例えば、製薬会社に勤務した場合を考えてみましょう。よほどの大手でない限り会社の経営が突然破綻し勤務先を失う可能性があることを常に心配していなくてはなりません。現在では安心できる職場と思っていた銀行でも破綻する時代です。大手の銀行でも危機感を持っている時代です。自分が勤務している製薬会社が破綻しないという確証はどこにもありません。もちろん、ドラッグストアであってもそれは同じことです。経営が傾いてある日突然…ということは十分に考えられます。

一方で、病院にはそういった心配は殆どありません。よっぽどのことがない限り破綻することもなく、薬剤師が安心して働ける安定した職場と言えるでしょう。数の増加も収束に向かっていますし、高齢化社会の到来によって病院のお世話になる人も増えています。むしろ、病院に勤務する薬剤師はこれからの時代「求められる人材」になるかもしれません。

これだけ見ても、薬剤師が病院に勤務することの「うまみ」は十分にあると言えるでしょう。もしも、転職先に将来長く続く安定を望むのであれば、病院が最も適した場所であると言えるのではないでしょうか。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.