薬剤師給料の県別の比較

薬剤師給料の県別の比較

薬剤師の給料を比較した場合、東京や大阪のようないわゆる大都市の方が給料は高く、地方になると給料が安くなると思う人もいるでしょう。しかし一概にそうとは言い切れません。薬剤師の数の少ない地域で給料が高くなる傾向があり、逆に薬剤師の数がそれなりに確保できていて、ニーズのあまり高くない地域では給料が低くなります。

たとえば都道府県別で比較した場合、最も給料の高いのは山口県です。山口県の薬剤師の平均年収は、691万円となっています。ちなみに給料が高い傾向にある東京の平均年収は507万円です。決して低くはないものの、山口県の平均と比較すると200万円近くの差があります。山口県に次いで薬剤師の平均年収が高いのは、秋田県です。秋田県の平均年収は634万円です。その次に僅差で追っているのが鳥取県の633万円となります。その他薬剤師の平均年収上位の都道府県を見てみると、青森県や福島県、島根県といったところが続きます。いずれもお世辞にも都会とは呼べない地域です。他の一般的な業種のセオリーが薬剤師の給料の世界では決して当てはまらないことがわかるでしょう。では都道府県別で見た場合、最も薬剤師の年収の低い都道府県は香川県となります。香川県の薬剤師の平均年収は383万円です。これは先に紹介した山口県の平均年収を比較すると300万円以上もの差になります。このように薬剤師の給料は地域によってかなりの隔たりがある、そして都会と地方といった感じではっきりとした地域別の給料の傾向のないことがわかります。

薬剤師の数によって、給料が影響を受けていると先に紹介しました。ちなみにこれは、薬学部がその都道府県の中にどの程度あるのかと関係性も見られます。薬学部のない都道府県は、15県あります。それは秋田県、山形県、茨城県、山梨県、福井県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、山口県、高知県、佐賀県、大分県、鹿児島県、沖縄県の15県です。上で紹介した薬剤師の平均年収の高い県の中で、山口県と秋田県、鳥取県、島根県が該当します。

薬学部を経て薬剤師の国家資格を取得するわけですから、薬学部のない県では薬剤師の資格を取得しようという人があまり出てこないと考えられます。そうなると県内に薬剤師資格を持った人がおのずと少なくなります。結果薬剤師不足が慢性的になって、薬剤師の年収を上げることで必要な人員を確保しようという動きにつながっているわけです。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.