田舎の薬剤師給料相場

田舎の薬剤師給料相場

田舎だと給料が安いのではないか、このような固定観念を持っている人も多いでしょう。他の職種・業種の場合当てはまるかもしれませんが、薬剤師の場合必ずしも田舎・都会とかで給料の傾向がある程度決まるわけではないです。むしろ田舎の方が、薬剤師の給料が高いことも往々にしてあります。田舎の病院薬剤師や調剤薬局薬剤師の募集を見ればわかりますが、700万円とか800万円といった条件で募集している案件もあります。

なぜ田舎の薬剤師の給料が良いかと言えば、薬剤師の数が関係しているからです。田舎の場合、薬剤師の数が慢性的に足りない傾向が見られます。このため、人材を確保するために給料を高くしてスタッフの確保を急いでいるわけです。特に過疎地と呼ばれる地域になると、若い人が少なく、人口の大半が高齢者というところも出てきます。高齢者の方が医療サービスの需要が高いため、高給を出してでも薬剤師がほしいという事情があります。過疎地の調剤薬局で新規開設するからオープニングスタッフを募集する際には年収1000万円とか、3か月の短期アルバイトで月給80万円、一気に240万円稼げるような案件も出ているほどです。その他にも地方の中には、県全体の薬剤師の平均年収が600万円とか700万円といったところも見受けられます。東京の薬剤師ですが、調剤薬局で勤務した場合、500〜600万円が相場と言われています。ワンランクレベルの違うことがお分かりになるでしょう。

では具体的に田舎の中でも、どのような地域が薬剤師の給料が高いのでしょうか?札幌市以外の北海道全域や青森県、福井県、静岡県、愛知県、岐阜県、島根県、山口県、広島県といった地域が全国平均よりも薬剤師の給料は高いです。その他にも千葉県の南部・房総半島の地域とか、九州地方の山間部なども薬剤師の年収は高めで推移しているといわれています。

ただし地方や田舎であれば、どこでも薬剤師の給料が高いわけではないです。たとえば四国の香川県は、地方とか田舎と一般的には見られている地域でしょう。しかし薬剤師の平均年収を見てみると、383万円となっています。先に紹介した600万円とか700万円といった年収の相場もあるという田舎と比較すると半分くらいの年収にしかなりません。このように同じような田舎・地方でも、地域によって年収の相場にはかなりの違いのあることを理解しましょう。まずは自分のいる地域の薬剤師の給料相場を調べるところから始めましょう。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.