6年制の場合の薬剤師の給料

6年制の場合の薬剤師の給料

近年、多くの人々から注目を受けている職業の一つである、薬剤師。この薬剤師になるためには、薬剤師の資格を取得しなければならず、現時点でに日本では、この資格を取得するためには6年制の薬学部を卒業することと、さらにその後で薬剤師国家試験に合格しなければならないという決まりが設けられています。6年制の薬学部に通わなくてはならなかったり…と、薬剤師の資格を取るためには色々と大変そうに思えるものですが、6年制の薬学部を卒業した果てになる薬剤師…いったい給料はどの程度のものなのでしょうか?ここでは、6年制の薬学部を卒業した薬剤師の給料事情について触れていきたいと思います。

6年制の薬学部を経て薬剤師の国家試験に受かって晴れて薬剤師として就職…となるわけですが、その場合就職する先は自分で選んでいくこととなります。薬剤師の就職先となるのは、病院や学校、調剤薬局や製薬会社などがありますが、その他にも保健所などで公務員として働ける道も存在します。こうした職場で働くようになって、給料が発生してくるわけなのですが、6年制の薬剤師と言っても初年度の給料は一般の職業とさほど変わらないようなものです。年収で考えると、基本的に初年度の薬剤師の平均年収は350万円〜400万円程度です。

しかしながら、薬剤師の魅力はなんといってもキャリアを積み重ねていくことで給料がどんどんアップしていく職場が多いというところ。初年度は確かに他の職業と変わらないとはいえ、それ以降は平均年収が500万円程度になってきますし、自分が働く場所によって、頑張り次第ではそれをはるかに上回る年収を得ることだってできるのです。事実、ドラッグストアの薬剤師でも店長クラスになってしまえば、最高700万円近い年収を得ることができますし、大手の製薬会社などでは最高800万円もの年収を得ることが可能となっています。資格を取得して働き始めてからも、自分を磨いていける職業ということで、非常に魅力のある職業と言えるのではないでしょうか。

薬剤師になるのはとても大変です。前述したとおり、まず最初に6年制のの薬学部を卒業しなければなりませんし、そこを卒業した後でも、薬剤師の国家試験に合格しなければならないという課題をクリアしなければならないのです。しかしながら、その後で得られるものは非常に多く、魅力が多い職業ともいえるでしょう。このことから、其れまでの過程が大変でも、薬剤師を目指す人が後を絶たないのでしょうね。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.