薬剤師給料<600万円>

薬剤師給料<600万円>

薬剤師で年収600万円にて仕事をするのは、決して簡単ではありません。調剤経験もそれなりに積んでいないと、なかなか年収で評価されません。また職場も選ばないと、年収600万円の目標に到達するのは難しいです。その中でも調剤薬局の場合、年収600万円を超えるのは簡単なことではありません。管理薬剤師といって、他の薬剤師を束ねるようなポジションになれば稼げる可能性はあります。しかし薬剤師になれば、誰もが管理薬剤師のポジションまで行けるわけではないです。

年収600万円超えに期待できる職場として、ドラッグストアがあります。ドラッグストアの中でも、商品管理など重要なポジションを任された場合年収600万円オーバーする可能性が出てきます。調剤薬局はどちらかといえば、個人経営などの小規模な店舗が多いです。しかしドラッグストアの場合、大手企業がチェーン展開していることがほとんどです。経営基盤がしっかりしているので、経験を積めば高収入も期待できるわけです。ドラッグストアの店長になれば、年収700万円とか800万円といった条件で仕事をすることも可能です。

製薬会社に勤務した場合も、年収600万円を超える可能性は十分期待が持てます。製薬会社の場合、MRといった医療スタッフに対する営業職や治験に関する業務がメインとなります。製薬会社は能力主義といって、実績を出し続ければ、それを給料に反映させるところが多いです。営業成績が良ければ、年収600万円どころか1000万円を超えることも可能です。ただし逆に成績が出なければ、リストラの対象になるなどシビアな職場であることも認識する必要があります。

このように年収600万円を超えるには、それなりのキャリアを持って、専門性の高いスキルを有していることが条件といえます。ただし新卒でも、年収600万円が実現できるようなタイミングもあります。例えば2010年や2011年には、年収600万円で新卒募集をする調剤薬局やドラッグストアは結構ありました。背景に2006年に薬学部が従来の4年制から6年制に変更となりました。その結果2010年と2011年にはそのはざまで、新卒薬剤師がいなくなったのです。このため、大量採用を予定していた調剤薬局やドラッグストアで、予定していた人員の6割程度しか人材確保できない事態になりました。結果的に年収を引き上げざるを得なくなって、年収600万円という求人となったわけです。このようにタイミングによっては、新卒でいきなり600万円というケースも出てきます。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.