50代の薬剤師給料相場

50代の薬剤師給料相場

薬剤師の給料の相場を見てみると、新卒から徐々に給料がアップして、40代のころにピークに差し掛かるといいます。ただし40代を過ぎると徐々に給料は少なくなっていくのが一般的です。薬剤師で50代になると、前と比較すると給料が少なくなったと感じている人も多いかもしれません。ただし50代の薬剤師の収入の相場を見てみると、400万円から850万円の間と言われています。相場の割にはかなりの開きがあると思うでしょう。これだけの差が生じるのは、どのポジション・雇用形態で仕事をしているかによって変わってくるからです。

例えばこの時期になって転職する人もいます。50代になって転職すると、どうしても給料は少なくなります。また50代になると子育てもひと段落していることが多く、子どもが就職して独立しているというケースも少なくないです。このため、あくせく働くのではなく自分の時間もしっかり作りながらパートやアルバイトで仕事をしている人も結構多いです。ですから400万円台の、他の年代の薬剤師と比較すると少ない相場になります。

一方で50代に差し掛かると、定年が現実のものとして見据えることのできる年代とも言えます。そこで薬剤師の仕事だけではなく、後進の指導をする立場に立っている人も少なくありません。薬剤師のリーダーとして、教育監督指導を担当する薬剤師もいますし、店長として店の切り盛りを任されるケースも見られます。このような責任あるポジションで仕事をしている50代薬剤師も少なくなく、この場合高年収となります。ドラッグストアで責任あるポジションを任されると、50代でも年収800万円を超えるようなケースも見られます。

50代で稼ぐ薬剤師の職場として注目したいのは、製薬会社です。医薬品の情報を提供するMRという仕事があるのですが、MRとして仕事をすれば、成績次第で50代の薬剤師でも年収1000万円に到達することも決して珍しいことではありません。一方病院や調剤薬局の場合、これほどの高収入を得られるケースは少ないでしょう。せいぜい多くもらえたとしても調剤薬局や病院の場合、年収600〜700万円くらいが限界と思うべきです。

男女別でみると、年収に差があるのもこの年代の特徴です。50代前半で見ると男性が730万円、女性は450万円強といった年収が平均です。50代後半でも男性は640万円・女性は510万円くらいが平均と言われていますから100〜300万円くらいの年収の差が生じるといわれています。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.