薬剤師給料<500万円>

薬剤師給料<500万円>

薬剤師で年収500万円となると、さすがに新卒で稼ぐのはかなり難しいです。ある程度のキャリアを積んで年収500万円に到達できるでしょう。地域や職場によって年収500万円に到達できる期間は異なりますが、調剤経験が5〜10年くらいで年収500万円になるケースが多いはずです。そのようなこともあって、大体30代で年収500万円を稼いでいる薬剤師が多いです。年収500万円はある程度のキャリアを積み重ねないといけませんが、その一方で別に管理職など重要な役職に就かなくても到達できるレベルとも言えます。

現在年収500万円未満の人で、500万円を目指すためにはまず管理薬剤師を目指す方法があります。管理薬剤師は他の薬剤師のマネージメントなどの仕事も任されるため、従来の薬剤師よりも重要なポジションで仕事をする形になります。管理薬剤師になるためには、キャリアをしっかりと積み重ねることが大事です。今の職場では管理薬剤師になるのは難しいというのであれば、転職も視野に入れると良いでしょう。管理薬剤師として仕事ができれば、年収500万円どころか600万円など、もっと高収入を得られる可能性も十分です。

同じ薬剤師でも、どの職場で仕事をしているかで年収500万円という目標が現実的かどうか違ってきます。すべてがそうだとは言いませんが、病院薬剤師の場合、年収500万円を超えるのはなかなか高い壁だと思うべきです。逆に企業薬剤師として、MRなどの仕事に勤務すると年収500万円超えを実現するのも十分可能です。ただし製薬会社が対象となりますが、能力主義で業績にシビアに評価する傾向が見られます。きちんと結果を出していれば500万円を超える年収を獲得することもできます。しかし結果が出せないようであれば、年収500万円よりもはるかに低い年収になるリスクもあります。

薬剤師の給料相場は、地域で見た場合ほかの職種と異なる特徴があります。都心部と比較して、地方の方が逆に高待遇で薬剤師の募集を行っています。このため、地方の案件の中には年収500万円以上で求人情報を出している場合もしばしばみられます。中には高年収だけでなく、住宅などの面倒を見てくれるような募集も見られるほどです。へき地や離島のような薬剤師が慢性的に不足しているようなところで、高年収の募集が出ています。近くでなかなか年収500万円を超えるような条件がないのであれば、思い切って遠方に引っ越して目標実現する方法もあります。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.