40代の薬剤師給料相場

40代の薬剤師給料相場

薬剤師が40代に差し掛かってきた場合、給料の相場は年収で680万円程度と言われています。20代から30代の場合、どこで勤務していてもそれほど大きな給料の差になることは少ないといわれています。しかし40代になると、どこで勤務しているかによってかなり収入に幅が見られるようになるといいます。厚生労働省の統計に基づくと、40代の薬剤師の年収ですが、少ない人は500万円程度、もらっている人になると年収1000万円近く稼いでいるケースも出てきます。

40代の薬剤師で、もっと給料がほしいと思って転職活動する人も多いです。もし給料アップのために転職活動をするのであれば、MRをターゲットにすべきでしょう。MRとは日本語で医薬情報担当者と言って、製薬会社に勤務するスタッフのことです。そして自社の販売している医薬品の情報を医者や薬剤師といった医療スタッフに提供します。また新薬が出た場合には、医療スタッフに売り込みをかける営業的な役割も担います。MRは能力主義的なところがあって、売り上げに貢献できれば、給料もアップするシステムをとっている製薬会社が多いです。実績を残せれば、年収1000万円オーバーといった条件で仕事もできます。ただし結果が出せないと給料は低いまま、最悪リストラの対象になることも考えられるシビアな職場です。

40代の薬剤師は、それなりに経験を積んでいますし、マネージャーのようなほかの薬剤師の指導や監督を行う立場を経験している人も少なくありません。このため、MR以外でも好条件で勤務できるような職場もあります。例えばドラッグストアなどでは、年収800万円以上の条件で薬剤師の募集をすることも多いです。ただしこれは店長もしくは店長候補としての採用になります。薬剤師としての業務の他にも、医薬品の品出しや従業員の勤怠管理、お客さんからのクレーム処理といった雑務をこなす必要があります。

病院の薬剤師ですが、先ほど紹介した製薬会社のMRやドラッグストアと比較すると給料の条件はやや低めです。地域によっても違いがありますが、転職の求人情報を見てみると600万円台の年収がほとんどです。しかし経験のある薬剤師であれば、調剤部長とか薬局長といった、人の上に立つポスト待遇で採用してくれる場合もあります。またママさん薬剤師も40代では多いでしょうが、託児所などを設けて、子どもを預ける心配をする必要がないという福利厚生の充実差に注目しましょう。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.