薬剤師給料<400万円>

薬剤師給料<400万円>

薬剤師の免許を取得して、調剤薬局などに就職した場合の初年度の年収ですが日本全国で見るとだいたい350〜400万円といったところです。このため薬剤師として就職できれば、とりあえず年収400万円の目標を突破することができるでしょう。ここから薬剤師としての経験を重ねていって、徐々に収入をアップさせます。

ちなみに薬剤師は調剤薬局の他にも、ドラッグストアや病院、製薬会社に就職する人もいます。どこに就職しても、大体給料の水準は一緒と思って良いでしょう。ただし病院の薬剤師の給料は若干低めの傾向が見られます。初年度の年収は400万円にはなかなか到達せず、300万円台しかもらえないことが多いです。地域によっては、300万円台の前半の年収になってしまうこともありますから、就職する前に働くにあたっての条件を確認しておきたいところです。

薬剤師の就職先として、ツートップと言われているのが調剤薬局とドラッグストアです。このうち年収400万円に初年度から到達しやすい、より早く目標到達できるのはドラッグストアです。なぜなら、店舗規模の違いによるところが大きいです。調剤薬局の場合、皆さんの近所の薬局をイメージしてほしいのですが1店舗で営業している小規模なところが多いはずです。

一方ドラッグストアの場合、大手企業が母体になって運営されていて、日本全国にチェーン展開しているケースが中心です。このため、会社の経営体力が豊富で、その分高収入や福利厚生を手厚くして従業員が働きやすい環境を提供しています。ただしドラッグストアの場合、純粋に薬剤師としての業務だけでなく日用品や食料品の品出しやレジ打ちなどもしなければなりません。多少念種が少なくても、薬剤師としての仕事のやりがいを求めて就職するのなら、調剤薬局の方が良いとなります。

先ほども紹介したように職場別でみると、病院薬剤師はしばらくキャリアを積まないと、年収400万円に到達できない可能性が高いです。それでも病院薬剤師として、少しでも早く目標到達したければ、入院病棟のある病院に就職することです。入院病棟があれば、薬剤師でも月に何度か夜勤を担当しないといけないかもしれません。仕事はハードになりますが、夜勤手当がついてきます。夜勤手当ですが病院によって多少の違いがあるもののだいたい年間で30〜50万円程度基本給に上乗せされるのが相場です。これだけの手当てを上乗せすれば、基本年収では無理でも年収トータル400万円到達も可能かもしれません。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.