30代の薬剤師給料相場

30代の薬剤師給料相場

薬剤師で30代となると、ちょうどキャリアも5年から10年くらい経過したところで一人前として、薬剤師としての業務もあらかたマスターできている状態といえます。30代になると、20代のころと比較するとさらに給料がアップします。30代の薬剤師の平均年収ですが、だいたい550万円くらいだと思いましょう。400万円前後が平均年収だった20代の薬剤師と比較すると、かなり年収アップしていることがわかります。

ただし同じ30代の薬剤師でも勤務先によって、給料は違ってくるようです。低い人だと35万円程度という人もいますし、もらっている人を見てみると45万円程度の月収という薬剤師もいます。またボーナスが支給されるところも多く、もらっている人は年間130万円程度受け取っているケースもあるほどです。ですから年収の分布を見てみると、低い人だと530万円程度になりますし、もらっている人になると650万円くらいの年収を稼いでいる人も見られます。

また30代になってある程度キャリアを積み重ねていくと、管理薬剤師になる人も多いです。医薬品を取り扱う病院や薬局では1人以上配置しないといけないと決まっている人です。医薬品に関する専門的な知識の他にも、マネージメント能力が要求されます。もしこの管理薬剤師に30代でなれると、給料アップが期待できます。管理薬剤師になった30代の薬剤師の給料の相場を見てみると、低くて500万円台と普通の30代薬剤師と比較してあまり給料は高くありません。しかしもらっている人はもらっていて、例えばドラッグストアの店長などを任されることもあります。すると年収700万円とか800万円といった、サラリーマンではなかなかもらえない高収入を得られる可能性もあります。特に欠員で緊急募集をする時などは、このような高年収の約束されることが多いです。

30代の全体的な平均年収ですが、実態とは少し違っているという声もあります。というのも30代で勤務している薬剤師の中には、パートやアルバイトも多いからです。薬剤師はもともと女性の割合が多く、30代に差し掛かると結婚や出産をする人も増えてきます。家事や育児を両立するためにフルタイムではなく、パートタイムを選択する人も多いです。他の職種と比較するとパートの給料も2000円以上が相場ですから条件は良いですが、正社員と比較すると収入はダウンします。正社員だけで平均を取れば、もっと薬剤師の年収はアップするという意見も見られます。

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.