薬剤師給料<1000万円>

薬剤師給料<1000万円>

薬剤師という職業が一般認知され、その数が増えてきた現代、一昔前のように薬剤師は経験を積めば年収1000万円稼げるという伝説は崩れました。現代の薬剤師の平均年収は500万円前後と言われています。これはサラリーマンの平均年収とほぼ同じくらいですので、決して「超高収入」というわけではありません。

ただし「絶対に無理」というわけではありません。場合によっては年収1000万円を目指すことも可能です。しかしながら、通常の調剤薬局の勤務をこなすだけで年収1000万円を目指すのは困難で、それ以上の業務をこなす必要があることが予測できます。

年収1000万円稼いでいる人の例としては、製薬会社に新薬開発担当で40代で年収1000万円が目安と言われているくらいです。新薬開発といえば、相当過酷ですから単に調剤のみでは年収1000万円は夢のまた夢といえるでしょう。

ただし、このような製薬会社の新薬開発などの研究職につくのに必ずしも薬剤師の資格は必要、というわけではなく場合によっては学歴的にクリアできればOKということもあります。もちろん、薬剤師としての経験があれば、非常に有利に働くこともありますから、薬剤師から製薬会社への転職というのも視野にいれてもいいかもしれません。

しかし、残念ながら普通に一般の求人サイトなどを探してもこうした研究職のような専門性の高い求人情報というのは出てきません。もしも本気で年収1000万円を狙うのであれば、転職支援サービスなどのサービスをうまく利用して、転職支援サービスが持っている非公開求人の中からそういった案件を探すしかありません。場合によっては病院勤務の薬剤師でも年収1000万円を目指せる可能性もあります。

1つ気を付けたいのは、単に年収1000万円といっても、その中に「カラクリ」がある場合もあることです。求人情報の中には、入職時の支度金で一定額を支払うところもあり、それを年収表示に含んでいるところもあるのです。求人内容を詳細にチェックし、自分から問い合わせをするくらいの気持ちでいないと、あとで「騙された!」という気持ちになることも考えられるのです。

そうならないためにも転職支援サービスなどのサービスは上手に利用しましょう。転生支援サービスはほとんどが大手会社の運営でしかも登録は無料です。虚偽や詐欺も一切ありませんから、年収1000万円の夢を目指しての第一歩としてこうした場所に登録してみてはいかがですか?

薬剤師求人ランキング!給料アップの実績のある求人サイトはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア
リクナビ薬剤師 無料 全国


>>>公式申し込みページへ進む

>>薬剤師転職サイトの2位以下をチェックする



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師給料アップランキング<効率的に給料を上げる方法> All Rights Reserved.